『MIU404』は漫画・小説原作なしのオリジナルドラマ!『アンナチュラル』を手掛けた超一流スタッフにも注目!

綾野剛と星野源がW主演のTBS系列ドラマ『MIU404』(ミュウ ヨンマルヨン)。

初回放送後のTwitterで世界トレンド1位となるなど、初回放送から社会現象級の話題を集めています!

そんな『MIU404』に原作漫画や小説があるのか調べてみたところ、

原作の漫画・小説・アニメは存在しない

ということが明らかになりました!

そして、このオリジナルドラマを制作しているスタッフが「超一流」であることも分かりました…!

今回は、『MIU404』の原作とスタッフについてご紹介します。

『MIU404』は原作なしのオリジナルストーリー!

綾野剛と星野源のW主演と聞くと、大ヒットドラマ『コウノドリ』を思い出しますよね。

『コウノドリ』は、講談社のモーニングで連載されていた漫画が原作のため、

 
『MIU404』も原作の漫画があるんじゃ…?

と思った人が多かったようです。

ところが『MIU404』は、そのイメージに反して、原作なしの完全オリジナルストーリーだったのです!

  • オリジナル作品
  • 日本のドラマ
  • 大ヒット

と聞くと、私は『リーガル・ハイ』を思い出します。

『MIU404』は、それくらいの面白さを秘めたバケモノドラマなんじゃないかと期待しています…!

錚々たるスタッフが結集した『MIU404』は傑作間違いなし!?

第1話から大きな話題の『MIU404』ですが、いくら綾野剛と星野源のW主演とはいえ、キャストの力だけでトレンド首位を獲れるわけではありません。

『MIU404』は、作品を裏から支えるスタッフもまた超一流だったのです!

監督は『アンナチュラル』『中学聖日記』の塚原あゆ子

『MIU404』の監督は、『アンナチュラル』の大ヒットが記憶に新しく、

といった話題作を次々と手掛けてきた、塚原あゆ子さん

有村架純が主演した映画『コーヒーが冷めないうちに』の監督でもあります。

『アンナチュラル』も原作なしのオリジナル作品だっただけに、塚原あゆ子監督は「オリジナルドラマに強い」イメージがありますね。

『MIU404』も第1話から最高のスタートを切ったことから、第2話以降にも非常に期待が持てます!

脚本は『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』の野木亜紀子

『MIU404』の脚本は、

などで有名な野木亜紀子さんが手掛けています。

映画の脚本も『俺物語!!』や『アイアムアヒーロー』といった人気・話題の作品を手掛けており、

  • 第69回・芸術選奨文部科学大臣新人賞・放送部門
  • 第6回・コンフィデンスアワード・ドラマ賞・脚本賞

など数々の受賞歴もある、売れっ子の脚本家さんです!

原作漫画や小説をドラマ化することに長けている印象がありますが、『アンナチュラル』のようなオリジナル作品もヒットさせる実績・実力があります。

塚原あゆ子監督とも『アンナチュラル』でタッグを組んでいるため、相性も抜群です!

プロデューサーは『アンナチュラル』『わたし、定時で帰ります。』の新井順子

「作品をどうヒットさせるか?」を考える『MIU404』のプロデューサーは、

など、斬新でありながらも面白い作品を次々と制作している、新井順子さん。

なんと、ここまで紹介したお三方とも『アンナチュラル』でタッグを組んだ間柄なのです!

そして、主要スタッフ全員が女性というところも注目であり、嬉しいポイントでもありますね。

まとめ

今回は、

  • 『MIU404』の原作はなく、完全オリジナルのドラマだった!
  • オリジナル作品を手掛ける主要スタッフが、全員もの凄い人物だった!

ということについてまとめてきました。

ドラマや映画など、エンタメ業界は今も男性主体のイメージがありますが、大ヒット作品を制作し続ける監督・脚本家・プロデューサー全員が女性というところに、日本のエンタメ業界を変えてくれる気がしてなりません。

そんな一流スタッフとキャストによる『MIU404』は、最終話まで1話たりとも見逃せない、今期最も注目のドラマと言えるでしょう!