綾野剛&星野源『MIU404』が想像以上に面白い!あらすじ・見どころを紹介

6月26日、TBS系列で放映されたドラマ『MIU404』(ミュウ ヨンマルヨン)の第1話が、

  • 放送中にTwitterの国内トレンド1位
  • 終了後にTwitterの世界トレンド1位

となるほどの注目ぶりを集めました!

主人公は綾野剛と星野源のW主演で、あの『コウノドリ』と同じ!

スタッフも『アンナチュラル』の監督・脚本家チームが再集結していて、放送前から期待値はかなり上がっていました。

そしてその第一話は、トレンド首位になったことからも分かる通り、期待以上の面白さでした!!

今回は、これから『MIU404』を見始めたい方に向けて、ドラマのあらすじと見どころをご紹介します。

MIU404のあらすじ・ストーリーは?

『MIU404』のジャンルは、日本のドラマではおなじみの刑事・警察ものです。

警視庁刑事部には本来3つの機動捜査隊がありますが、働き方改革の影響を受けて「第4機動捜査隊」が作られた、という設定でストーリーが進んでいきます。

機動捜査隊の主な仕事は「初動捜査」です。

初動捜査とは、犯行発覚後すぐに行われる捜査のこと。

事件をいち早く捜査し、初動捜査で事件が解決できなかった場合は、即、別の課に引き継がれるそう。

単純な事件であれば機動捜査隊のみで解決することもありますが、現実にはほとんどの事件が引き継がれ「また解決できなかった…」と苦悩することも多い仕事です。

MIU404の見どころ

  • 機動捜査隊のスピーディーな初動捜査=アクション要素
  • 犯人を逮捕できないことの苦悩=ドラマ要素
  • 架空の部隊(第4機動捜査隊)による、フィクション要素

などなど、面白さを感じさせる要素がたくさん詰まっている『MIU404』。

その第1話を見て、実際にどこが面白いと感じたのか?見どころをまとめていきます!

現代の人が共感できる刑事ドラマ!

「刑事ドラマ」から想像されるイメージは、

  • 犯人と拳銃を派手に撃ち合うアクション要素
  • 事件解決まで決して諦めない不屈の精神
  • 屈強な男が悪に立ち向かうヒーロードラマ

こんな感じではないでしょうか?

しかし、今の世代がこうしたコテコテの刑事ドラマを見ても、いまいちピンと来ないのですよね…。

日本の警察のほとんどは拳銃を1回も使わずに定年するし、仕事と同じくらいプライベートも大事だし、屈強な男なんて昭和臭い…と思ってしまうことでしょう。

かつてはヒーローとして描かれた警察も、今は組織の一部でしかなく、ルールを守り、淡々と仕事をこなす日々。

『MIU404』には、そんな警察のリアルな姿が描かれています。

そしてこの姿は、今を必死に生きているはずなのに、毎日に張り合いがなく、何となくしか仕事ができていない私たちに通ずるところがあります。

刑事ドラマ全盛期の頃のイメージが定着しているだけで、実はほとんどの警察は、私たちと変わらない毎日を送っているんですよね。

登場人物たちが私たちと同じような感覚で仕事や私生活を送っているため、キャラクターに共感でき、見ていてまったく飽きませんでした。

刑事ドラマのツボも押さえている!

では、かつての刑事ドラマが好きな人には合わないのか?と言うと、『MIU404』は、むしろそんな方々にもおすすめしたい作品です!

主演の2人は、まったく正反対の性格ながら、バディを組んで事件を解決することになります。

  • 綾野剛が演じる、感情的で直感を信じる「伊吹」
  • 星野源が演じる、理性的で誰も信じない「志摩」

この対立する2人が、様々な事件を通して成長し、絆を育んでいく様子がしっかりと描かれています。

また、拳銃を撃ち合うような派手なシーンはないかと思いきや、第1話からアクション映画級のカーチェイスが見られたことも驚きでした!

コロナウイルスの影響で予算が縮小したり、撮影が延期されたりと、今やエンタメ業界の規模はどんどん縮小しています…。

そんな現状に一石を投じる「面白いドラマ」の要素が、『MIU404』にはすべて詰まっていました!

1話完結でどこからでも見られる!

『MIU404』のストーリーは、基本的に1話完結で描かれていて、どの話から見始めても置いてけぼりになることはありません。

前後の繋がりは多少あるものの、事件発生から操作終了までの一連を見られるため、初見でも気軽に見始められるところも魅力です!

まとめ

このように『MIU404』は、見始めると非常にハマってしまい共感もできる、純粋なドラマの面白さを感じさせてくれる作品です。

個人的には、伊吹(綾野剛)の最後のセリフが印象的でした。

機捜(機動捜査隊)っていいな。誰かが最悪の事態になる前に止められるんだよ。超いい仕事じゃん。

これは、今流行しているコロナウイルスに立ち向かっている人すべてに響く言葉だと思います。

『MIU404』は、最悪の事態を起こさないよう立ち向かう様をリアルに描いた、今働く人全員に見てほしいドラマです!