『TENET(テネット)』注目キャスト7名を徹底紹介!俳優・女優の役柄と魅力・過去作品をチェック!

クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』が、2020年9月18日に公開されます。

  • クリストファー・ノーラン自ら監督・製作・脚本している
  • インターステラー』(2014年)以来のSF作品
  • 「ボンド映画を監督したい」と熱望するノーラン監督による、本格スパイ映画

などなど、情報が少ない現時点ですら注目ポイントがたくさんあり、私の中の期待値はものすごく高まっています!

そんなノーラン監督は「キャスティング」を非常に大切にしており、『TENET』にも、若手からベテランまで注目の俳優が勢揃いしています。

今回は、

映画『TENET テネット』に出演している主要キャストの紹介と、そのキャラクターが作品内でどんな役柄を担うのか?

を解説・考察していきます。

ジョン・デヴィッド・ワシントン|主人公

『TENET テネット』で主演を務めるのは、スパイク・リー監督の話題作『ブラック・クランズマン』で主演を演じた、ジョン・デヴィッド・ワシントン

秘密主義のノーラン監督らしく、今明かされている彼の詳細な役柄は不明ながら、「突然第三次世界大戦を防ぐ任務を与えられた国際スパイ」を演じるようです。

『グローリー』『トレーニング デイ』『イコライザー』シリーズで有名なデンゼル・ワシントンの息子としても知られていますが、二世俳優の名に恥じない素晴らしい演技力を持ち、今注目されているハリウッド俳優の1人です。

また、元アメリカン・フットボール選手の経歴もあり、運動神経も抜群!

CGを極力使わず実写にこだわるノーラン監督の撮影は、ロケやセット撮影でスタントを行う機会も多くありますが、そのアクション面でも貢献しているそうです。

ノーラン監督は、「彼はアスリートだから、みんな彼の動きについていくのに必死だったよ」と語っています。

ジョン・デヴィッド・ワシントンがどんな活躍を見せてくれるのか、非常に楽しみです!

ロバート・パティンソン|ニール役

ロバート・パティンソンといえば、

などで有名な、スマートなルックスでティーンの人気をかっさらった、正統派のイケメン俳優。

絵に書いたような美男子ぶりに注目が集まりがちですが、演技力も確かな実力派です!

2021年にはバットマンの新作映画『The Batman』(原題)の公開も予定されており、今後ますますの注目・活躍が期待されています!

『TENET テネット』でのロバート・パティンソンの役柄は、「ジョン・デヴィッド・ワシントンの相棒となるスパイ」とのこと。

キャスティングにこだわるノーラン監督の作品には、

  • ジョゼフ・ゴードン=レヴィット…『(500)日のサマー』『ダークナイト ライジング』
  • トム・ハーディ…『マッドマックス 怒りのデスロード』『ヴェノム』
  • アン・ハサウェイ…『レ・ミゼラブル』『マイ・インターン』

といった、ノーラン作品への出演以降にブレイク・再ブレイクした俳優がたくさんおり、スターを見極める確かな審美眼を持っています。

主人公を支える役柄のロバート・パティンソンも、『TENET』以降の大ブレイクが期待されています!

ケネス・ブラナー|?

ノーラン監督の前作『ダンケルク』にも出演したほか、

などなど、俳優・映画監督として輝かしいキャリアを持つケネス・ブラナーも、『TENET テネット』に出演しています。

『ダンケルク』での出演時間は決して多くはありませんでしたが、一緒に仕事ができたことを喜んだノーラン監督からのオファーによって、二度目のノーラン作品への出演が実現しました。

『バットマン ビギンズ』の端役から『インセプション』の主要キャストに抜擢された「渡辺謙」のように、今作ではより多くの活躍が見られるかもしれません!

マイケル・ケイン|?

ノーラン監督の代表作の1つである『バットマン ビギンズ』(2005年)以降、『インセプション』『インターステラー』『ダンケルク』などすべてのノーラン作品に出演している俳優、マイケル・ケイン

もちろん、『TENET テネット』にも出演しています!

ノーラン監督は、「若手キャストとベテランの化学反応が楽しみだ」と語っており、これまでのキャスティングはどれも、フレッシュな若手俳優と大御所俳優のコラボレーションを意図的に仕組んでいます。

『TENET』では、ケネス・ブラナーやマイケル・ケインがベテランとして、若手俳優の良きお手本となったり、撮影時の刺激を与える役割も与えられていることでしょう。

過去のノーラン作品においてマイケル・ケインが演じた役柄のどれもが、主人公に影響を与える家族や親族などの親しい役柄であり、今作でも主人公との何らかの関わりがありそう。

ノーラン作品の常連名優が、『TENET』でどう活躍してくれるのか楽しみです!

アーロン・テイラー=ジョンソン|ジュニア役

アーロン・テイラー=ジョンソンといえば、

などの話題作に立て続けに主演・出演し、『ノクターナル・アニマルズ』(2016年)ではゴールデングローブ賞助演男優賞も受賞した、イギリスの若手・実力派俳優です!

以前からノーラン監督の大ファンだったという彼は、『TENET テネット』での撮影を大変に楽しんだとのこと!

主人公側なのか敵側なのか、その詳細は一切不明ですが、大作映画に慣れているアーロン・テイラー=ジョンソンの活躍も非常に楽しみです。

クレマンス・ポエジー|ローラ役

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のフラー・デラクール役で一躍有名となった、フランス出身の女優、クレマンス・ポエジー

同作ではロバート・パティンソンとも一緒に仕事をしており、今作『TENET テネット』で再共演が実現しています!

彼女の役柄も、秘密主義のノーラン監督らしく詳細は明かされていません。

予告編では、白衣姿でジョン・デヴィッド・ワシントン演じる主人公に任務内容を説明していることから、主人公のサポート役や、テネットの世界観である「時間の逆光」の仕組みを知る重要人物だと思われます。

他の出演作品は少ないながら、『TENET』が代表作となり、今後いろんな映画に出演してくれることを楽しみにしています!

エリザベス・デビッキ|?

  • 『コードネーム U.N.C.L.E』(2015年)
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』(2017年)
  • 『ロストマネー 偽りの報酬』(2018年)

以上の有名作品で知られる、オーストラリア出身の29歳の女優、エリザベス・デビッキ

今現在判明している主要キャストの中では最も歳下ながら、数々の話題作に出演し、モデルも務めるなど才色兼備な女優さんでもあります。

予告編では、主人公が運転する車の後部座席に映っており、その様子はスパイというより「事件に巻き込まれた一般人」という印象。

役柄の重要度は不明ですが、『インセプション』でエレン・ペイジが演じたアリアドネのように、観客に対して作品の世界観やルールを説明する役割を担うのかもしれません。

まとめ

「ノーラン監督作品に出演したら売れる」と言っても過言ではないくらい、これまでの作品では、数々の俳優さんが最新作の公開後にブレイクしてきています。

『TENET テネット』も、ノーラン監督が製作・脚本まで担当しており、まさに「ノーランに認められた俳優が揃っている」と言えるでしょう!

9月18日公開の公開までに、各キャストさんの代表作を見ておくと、『TENET』がより一層楽しめること間違いなしです!