狩野英孝のYouTubeチャンネル『EIKO!GO!!』の魅力とは?「勝手に斧振らないで」で人気が爆発!

(自称)イケメン芸人として、テレビ番組「エンタの神様」や「レッドカーペット」などで一斉を風靡した、狩野英孝さん。

今は当時ほどのブームはなく、テレビでもあまり見かけなくなりましたね。

そんな狩野英孝さん、現在はYouTuberとして大活躍しています!

公式YouTubeチャンネル「EIKO!GO!!」は、2020年6月9日現在のチャンネル登録者数26万人と、文句なく人気YouTuberの仲間入り。

しかも、叩かれがちな芸能人のYouTube参戦でありながら、どの動画のコメントも非常に温かく愛されているところもポイントです。

そんなYouTuber・狩野英孝さんの魅力は、一体何なのか?

この記事で探っていきたいと思います!

「勝手に斧振らないで」で人気が爆発!

狩野英孝さんがYouTuberとして人気になったきっかけは、とあるゲームのライブ配信中に起きたトラブルでした。

鬼ごっこと隠れんぼを組み合わせたような『デッド・バイ・デイライト』という対戦ゲームで、狩野英孝さんが鬼(キラー)をプレイしていた時のことです。

キラーは生存者を斧で攻撃して倒すことが目的なのですが、生配信中にコントローラーが誤作動を起こして、斧が勝手に振られ続けるというトラブルに見舞われたのです。

その時のセリフが、

勝手に斧振らないで

このトラブルに、狩野英孝さんは「やっちまった…初配信なのに……」とかなりのショックを受けながら眠りについたのですが、翌朝Twitterを見てみると、なんと「#勝手に斧振らないで」がトレンドに!!

このトラブルがきっかけで、

 
狩野英孝のYouTubeは面白い!

と評判になり、再生数もチャンネル登録者数もどんどん上昇したのです。

その時のハイライトをまとめた動画が、こちら。

実に狩野英孝さんらしいきっかけで、見ていてほのぼのしてしまいます。

狩野英孝のYouTubeチャンネルが人気の理由

クスッとくる失敗が面白く、ほのぼの見られるゆるさがある

本人は、「より面白く、よりカッコよく、よりスマートに!」と思って動画を作っているのに、なぜか上手くいかず失敗することも…。

そんなクスっとくる失敗を見せてくれる狩野英孝さんの姿にかえって親近感を抱いたり、「イジられ芸人」としての面白さが詰まっていて、つい応援したくなるんですね。

テレビの生放送と違い、失敗した動画を「投稿しない」という選択肢もあるはずなのに、しっかりと編集して投稿してくれるところにも好感が持てます。

企画から編集まで、YouTuberとして真剣に取り組んでいる

芸能人のYouTube参戦は、とにかく叩かれがちです。

ちょっと動画を投稿してみて、思ったより人気が出なかったら辞める…そんな芸能人が、これまでどれだけいたでしょうか…。

その中でも、狩野英孝さんの動画は、企画・撮影・編集・投稿まで、専門のスタッフを集めて真剣に取り組んでいるところもとっても好印象です。

もはやYouTube界ではやり尽くされた「メントスコーラ」に挑戦する動画では、

これを経験しないと一流のYouTuberとして認められない!

と熱く語り、先輩YouTuberに対する尊敬と、芸能人としての知名度に甘えない謙虚な姿勢も見せていました。

YouTubeに対して真剣に取り組んでいる姿も、芸能人でもある狩野英孝さんの魅力を感じさせる要因ではないでしょうか。

ライブ配信が多く「芸能人とのコミュニケーション」という付加価値がある

狩野英孝さんは、視聴者とリアルタイムでコミュニケーションを取れる「ライブ配信」を多く行っています。

芸能人を身近に感じられるというだけでも価値があるのですが、狩野英孝さんはさらに、その配信内で視聴者が投稿したコメントに、1つ1つ丁寧に返答してくれているのです。

辛口のコメントに対してもまったくイラッとせず「すみません」「頑張ります!」と返答する素直さもあって、配信を見ていて気持ちが良いんですね。

この素直さゆえに、芸能人YouTuberの中で最もアンチが少なく、人としても愛されている方だと思います。

そんな狩野英孝さんの魅力を存分に感じられ、まるで友達のように応援したくなるところが、狩野英孝さんと「EIKO!GO!!」の魅力ではないでしょうか。

気になった方は、ぜひ動画をチェックしてみてください!