目が疲れたときは手軽に使えるUSB電源式のホットアイマスクでリフレッシュ!

最近ではリモートワークの推進によって、ディスプレイを見る時間が増えています。

目の疲れもピークに達し、なんとか眼精疲労を改善したいと思う方もいらっしゃるでしょう。

そこでUSB電源式のホットアイマスクを利用すれば、オフィスでも移動中でもホットアイマスクが使えるようになります。

目の疲れに悩んでいる方は、検討してみると良いでしょう。

どこでも使えるホットアイマスクで安価に購入できるコスパのいいものは?

すぐに購入できてコスパのいいものは、AROMA SEASONのホットアイマスクが該当します。

おおよそ2500円くらいで購入できて、専用ケースもつくしプレゼントとしても最適です。

なんと今なら10%オフクーポンが付くので、さらに安く購入できます。

繰り返し使えて扱いやすい

AROMA SEASONのホットアイマスクは、USB電源式です。そのままコンセントのUSBから電源を取ってもいいし、モバイルバッテリーの利用もできます。

つまりどこでも持ち歩いて使える上に、電源の心配もあまりしなくてOKです。

意外とこういう商品って、専用バッテリーでなかなか自由度高くないものが多いんですよね…^^;

しかもリモコンがつくので、細かい調整が可能なのもポイント高いです。

目に当たる面を少し濡らせば上記でホッとアイマスクもできます。

目を温めると疲労によく効く

どうしても目の使用時間が長いと、筋肉に力が入り続けて固まってしまいます。

そこで目を温めれば緊張していた筋肉がほぐれて、血液の循環が良くなるのです。

目の痛みってだんだん頭痛に変わってくるので、早めに対応しておきたいところですよね。

サッと気軽に使えるホットアイマスクなら、疲れていても装着するだけで一気に疲れが飛ぶでしょう。

できるだけ目を温める習慣をつけるのが大切

毎日5分だけでも使用すれば、かなり眼精疲労に効果的です。しかし続けるなら、継続しやすい環境と仕組みを作るのも大切。

例えば寝る前に使用してから寝るとか、リラックスタイムに使うとか…とにかく使うタイミングを固定化します。

※ちなみに帰宅後すぐ使ってしまうと、うっかり寝ちゃうことが増えて危険です。

毎日繰り返して目を温め続ければ、逆に手放せないくらい快適な状態が保てますよ。

まとめ

ホットアイマスクを利用すれば目の疲れに効果的

習慣化すると目の健康を保てるようになる

安くてUSBから電源取れるタイプが一番使いやすい

あまりに疲れすぎて目のクマ化してしまっている人も、美容という意味で活用できるかもしれません。

現代人は特に目を酷使しすぎているので、ぜひ疲労回復への投資と思って導入してみましょう。