マスクの置き場所や持ち歩きに「マスクケース」が大活躍!どのタイプが人気?

今やマスクを着ける習慣が当たり前になったと言っても過言ではありません。

しかしマスクを常に持ち歩く習慣がついたからこそ、持ち歩きやちょっとした置き場に困ることはないでしょうか?

衛生的に持ち歩きも出来て、置き場所にも活用できる「マスクケース」について解説していきます。

マスクケースを使うとメリットが大きい!どんなタイプを使えばいいの?

まずマスクケースを使うメリットは、以下の3つです。

1.マスクを衛生的に持ち歩ける

2.食事中のちょっとした置き場所に

3.抗ウイルス加工されてるものが多い

さらにマスクケースはいくつか種類があり、タイプごとに特徴が変わります。特徴を押さえながら、自分に合ったものを選びましょう。

ハードケースのタイプ

ハードケースのタイプのマスクケースはプラスチックや樹脂といった、固い素材でできているものを差します。

マスクの形を保ちたい方や、衝撃に備えたい方はハードタイプを選ぶと良いでしょう。

中には防水防塵の機能が備わったモデルもあります。

ソフトケースのタイプ

ソフトケースはビニール素材の薄手な作りになっており、軽量で持ち運びしやすいのが特徴です。

バッグに入れておくよりもポケットや、狭い場所へ入れて持ち歩く際に活躍します。

いずれもチャック付きのタイプがおすすめで、中にゴミが入るのを防げるでしょう。

ポーチタイプのケース

ポーチタイプは革素材や布といった長く使う前提の素材で作られており、見た目もオシャレなものが多いです。

ただし少し大きさがあり、バッグに入れるか手持ちで携帯するかに限られます。

デザインで選びたい方や、長く使っていきたい方はポーチタイプを選ぶと良いでしょう。

使い捨てタイプ

マスクが使い捨てならケースも使い捨てという発想で、使い終わったらそのまま捨てられるマスクケースがあります。

紹介するマスクケースの中でも一番衛生的で、ウイルス対策を万全にしたい方は使い捨てを選ぶと良いでしょう。

ほかにも店舗運営や配布用であれば使い捨てタイプが最適です。

マスクケースを選ぶならどの点に気をつければいい?抗ウイルス加工を気にしよう

マスクケースを選ぶ際、抗ウイルス加工がされているかを気にしながら商品を選ぶと良いです。

具体的には「SIAAマーク」がついている商品は安心できます。

SIAAマークは抗菌製品技術協議会が定める基準をクリアしたものに表示が認められており、ウイルス対策に押さえておきたい基準です。

抗菌処理がされている製品でも具体的な効果はわからないため、一定の基準をクリアしたSIAAマークつきのマスクケースを選びましょう。

まとめ

持ち歩くならマスクケースは必須!

マスクケースはタイプによって特徴がある

ケースはSIAAマーク付きがおすすめ

マスクケースがあれば、マスクの予備も持ち歩きやすいし置き場所に困った際も収納ができて便利です。

現代ではマスク携帯が必須になったため、マスクケースもあると多くの場面で困らないでしょう。

またケース自体もそこまで高価なものではないので、大きな出費にならないのもオススメできるポイントです。