マスクの種類によって新型コロナウイルスのリスクがどう変わる?

新型コロナウイルスで使用されるマスクといっても、日常的に良く見かける不織布マスク、布マスクや、医療現場で使用されることの多いN95マスクなどがあります。

 
つばき
どれが新型コロナウイルスに有効なの?

一概に、〇〇マスクが最も新型コロナウイルスに有効というわけではなく、それぞれの特性を理解して使用されたほうが、より良い効果を得られることでしょう!

N95マスク

NIOSH(アメリカの労働安全衛生研究所)にはマスクの厳しい規格があり、厳しい規格に合格したマスクがN95マスクです。

今では、医療現場で使用されることの多いマスクとして有名ですが、元々は防塵マスクとして有名で、作業現場で使用されることの多いマスクでした。

N95マスクの特徴は、新型コロナウイルスのような小さなサイズにも対応しているところです。

そのため、N95マスクは粒子と呼ばれるサイズにも対応していて、0.075μm以下の小さな粒子さえも95%以上カットできます。

 
つばき
これほど優秀ならN95マスクを選べばいいのね

N95マスクは高性能マスクとしても有名なため、本来であればN95マスクを使用したいものですが、残念なことに、長時間の使用では息が苦しくなるなどの短所があります。

そのため、日常生活のすべてをカバーできるマスクと言えるわけではありません。

不織布マスク

糸を織らないようにして作成されているマスクが、不織布マスクです。

シート状のマスクとなっているため、他のマスクに比べて不織布マスクは触り心地が良いです。

しかし、N95マスクのような高性能マスクには劣るため、不織布マスクの種類にもよるのですが、咳、くしゃみによって発生する感染リスクを下げる効果は高くありません。

そもそも不織布マスクは、ウイルス感染を防ぐためのマスクではなく、花粉用マスクとして販売されていました。

そのため、自身の咳、くしゃみなどの飛沫の量を減らす目的であれば、不織布マスクを使用するのはありです。

布マスク

布素材でできているマスクを布マスクというのですが、以下のとおり様々な種類があるので注意してください。

  • フィルター、ガーゼがなしの布マスク
  • ガーゼが使われている布マスク
  • 花粉用のフィルターが使われている布マスク

布マスクは、N95マスク、不織布マスクに比べてサイズが大きくなりやすく、そのため、気温が高い季節になると蒸れやすくなります。

布マスク最大の特徴は、メルカリなどフリマアプリで手作りの布マスクを入手できるところでしょう。

しかし、ファッションを意識した布マスクが増えているため、N95マスク、不織布マスクよりも、ウイルスの通過率が高いマスクが多いです。

まとめ

「N95マスク」は長時間の使用が困難

「不織布マスク」はN95マスクに劣る性能

「布マスク」はものによって性能が異なる

個人的に入手できるマスクの中であれば、不織布マスクが安くて使いやすいという結論になります。

不織布マスクには立体マスク、プリーツタイプの2種類がありますが、オススメは立体マスクの不織布マスクです。

不織布マスクなどマスクの着用は、長時間使用で鼻、耳が痛くなる特徴があります。

しかし立体マスクは、サイズそのものが大きく鼻をすっぽりと覆うようなデザインのため、使い心地はマスクの中でも特に評価されているのです。

また、布マスクはマスクの中でも標準的な価格設定なのですが、それでも1000円前後のものが多いです。

しかし不織布マスクは、300円前後で5枚セットのものが売られているため、あまりマスクを多用しない人の場合、経済的にも安心して使用することができるでしょう。