新型コロナウイルス対策で期待されているワクチンのメカニズム

新型コロナウイルス対策として注目を集めているワクチンですが、なぜワクチン接種しないといけないのか、こちらについて知らない人は数多くいます。

新型コロナウイルスの場合も、通常のワクチン接種と同じで高い予防効果を期待できるため必要です。

ワクチンのメカニズムについて気になっている方は、当記事を良く読んで、正しくワクチン接種を受けられる状況を整えておきましょう!

予防接種の必要性

インフルエンザウィルスの場合、インフルエンザワクチンを接種することで、感染予防対策を取ることができます。

これは新型コロナウイルスの場合も同じで、感染症は外から侵入してくる病原体に対して、無抵抗な場合に感染しやすくなります。

ワクチン接種は、そんな無抵抗な状態を変えるために接種するもので、わかりやすくワクチンのメカニズムをまとめると、本来であれば抵抗することしかできない体を、病原体を攻撃できるようにする作用があるのです。

具体的なメカニズムとしては、次のような作用によって病原体から体を守ることができます。

  • 体の中に抗体などが作られる
  • 抗体があると病原体を攻撃できる
  • 感染症にかかっても症状が軽くなる

ワクチン接種を受ける最大のメリットは、他人にウィルスを感染させてしまうリスクが軽減されるところです。

ただしワクチンは、何度もワクチン接種しないといけないものもあるため、一度ワクチン接種すると、二度と新型コロナウイルスに感染しないわけではありません。

予防接種することで社会を守ることができる

予防接種の狙いですが、

 
つばき
家族や友達にうつしたくないわ
 
さくら
感染拡大を止めたいわね

といった、社会規模のウイルス感染を未然に防ぐ狙いもあります。

つまり、ワクチン接種による予防を行えている場合、社会そのものをウイルス感染から守ることが可能なのです。

新型コロナウイルスが感染拡大するようになったキッカケに、クラスタ発生があります。

クラスタ発生すると、1人から10人というふうに一気に感染拡大することもあるのですが、ワクチン接種されている場合は、そんなクラスタの発生そのものを抑えることができるのです。

まとめ

感染症に対して有効なので「ワクチン接種は必要」

「予防接種で社会を守れる」のでクラスタにも有効

ワクチンのメカニズムについて学んでいると、どれほど健全な社会を維持するために必要なのかがわかります。

ワクチンは将来かかる病気の予防につながるため、ワクチン接種が可能となった際は、積極的にワクチン接種を心がけたほうが良いでしょう。

新型コロナウイルスの脅威を下げることは、そのまま社会生活そのものの改善につながるため、現在では世界中でワクチン開発が行われている状況です。