はんこ不要論で電子印鑑の人気が上昇?!実は格安に電子印鑑を導入できます

電子化が進み、はんこ不要の動きが進んでいますよね。とはいえ全くなくしてしまうのも問題があるもの。

そこで今まで実印を押していたものが、電子印鑑に置き換えられるケースが増えてきました。

電子印鑑って難しいんじゃ…と思う方も多いかもしれません。でも実はもっとかんたんに導入できます。

電子印鑑のメリットってどうなの?テレワークにも最適でメリット多し!

電子印鑑を導入するメリットは多く、具体的には以下の4つが当てはまります。

1.作業時の手間が圧倒的になくなる

2.印刷代の削減

3.悪用防止効果

4.書類劣化を防止

それぞれ詳しく見ていきましょう。

作業時の手間が少なくなる

実印は実際にその場で押してもらわないと意味がないため、例えば担当者がいなければ押印そのものができません。

また場合によっては郵送も必要になり、時間と手間がかかります。

電子印鑑の場合は基本的に電子データのやり取りで完了するので、郵送や場所の制約がありません。

コストの削減

データでのやり取りが基本になるため、郵送代や移動費・はんこ作成やインク代といったコストがすべてかからなくなります。

書類ではなくデータとして残しておく場合は印刷する必要もなく、場所も取りません。

印刷して管理する場合はしっかり書類を整理しておかなければならず、探す手間もかかります。電子化した場合は検索すれば一発です。

悪用防止効果

セキュリティー対策が行われている電子印鑑は、内容の改ざんが発見できたりそもそも編集不可能にする機能が備わっていたりします。

紙を使った場合ではどうしても不正防止に不安が残る場合もあり、重要書類を扱う場合はとくに気をつけなければなりません。

実印のほうがセキュリティーの高さを感じますが、現在では高度な対策が施された電子印鑑のほうが悪用防止の高価は高いです。

書類の劣化を防止

電子化された書類は劣化することがなく、保管されている限り同じ状態を保ちます。

間違って契約書を破棄してしまったり、汚してしまったりする場合もあるでしょう。

電子印鑑を活用した電子契約にするだけで、上記のリスクを防止できます。

デジタルはんこを導入したい!まずは気軽に使ってみたいけどどんなものがある?

フリーソフトやサンプルの印影で良いと言う方が多い反面、自動入力された文字だとどうしても質の悪さが目立ちます。

とはいえ高価なソフトを導入するつもりもないし…という方なら、実印道場の電子印鑑を試されてみてはいかがでしょうか。

実印道場デジタル印鑑はなんと500円という価格で導入でき、自動入力ではなく熟練の職人が全体のバランスを見て調整してくれます。


電子印鑑 透過PNG 非透過JPG 即納 メールで納品 デザイン校正可能【送料無料】個人印鑑 法人印鑑 角印 請求書 納品書 電子文書

どうせ使うなら質の悪い電子印鑑は使いたくない、でもお試しで少しでも良いものを。と思う方にピッタリです。

まとめ

電子印鑑は導入がかんたんでいつでも気軽に使える

導入するだけで効率化を図れる便利ツール

お試しなら実印道場の電子印鑑がおすすめ!

多くの場面で電子化の流れが来ており、ようやく政府としても電子印鑑の採用を進められるに至った…という感じですよね。

電子印鑑は高くもないし、時代の流れに取り残されないよう導入していきましょう。