和室にチェアを置くから傷つけたくない…絨毯以外で何か便利なものある?

最近ではおうち時間やリモートワークが増えてきて、自宅で仕事をする人も増えてきています。

とはいえ住環境によって和室じゃなきゃ作業できないこともあるし、傷つけたくない人にとってデスクのコロコロは危険…そう考える人も多いですよね。

 
つばき
絨毯もいいけど、ズレるしゴミがつくし…。
 
さくら
手っ取り早く、椅子の下だけフローリングにならないかなとか思ったり。

絨毯だけでなんとかしようと思っている方は、必見ですよ。

絨毯はゴミが付くので嫌…と思う人ならチェアマットが最適!非常に便利

チェアマットはちょうどいい固さと質感で、滑り止めがついた椅子専用のマットです。

床の傷つき防止やズレ防止にもつながるし、お値段も2000円程度とすごくお買い求めやすいです。

チェアマットを使うとお手軽

絨毯ってそこそこの大きさがあるし、部屋全体に敷き詰める広さの物が多いですよね。

もしデスクの下に敷くなら、デスクをよけて先に絨毯敷いてデスクをセッティングして…って面倒です。

でもチェアマットならお手軽に椅子の可動範囲だけ設置すれば問題ありません。

4つの大きなメリットがある

まず床の傷防止になるのは1つめ、2つめはズレないこと。絨毯使っているとだんだんズレてきて、ストレスになることもあります。

3つめは意外と椅子がスムーズに動かせること。使っている人ならここがスムーズに動くだけで、全然違うのがわかるはずです。

4つめは騒音対策になること。椅子を移動する音って響くんですよね。でもチェアマットならそんな騒音も軽減できます。

絨毯を使うと不便なことが多い

絨毯は確かに肌触りもよく、冬なんかは温かみがあって重宝するかもしれません。

しかし意外とゴミを吸着しやすいので掃除機をかけても取れず、毎回コロコロ粘着テープで掃除する手間がかかります。

汚れてくると見栄えも悪くなり、そのたびに交換するとチェアをどかしてデスクも…となるのは非常に不便。

いっそのこと絨毯は使用せず、こういったチェアマットを使用するほうが安心です。

まとめ

チェアマットは意外と安くピンポイントで椅子に効果的

傷防止のほか騒音対策にもなるスグレモノ

とにかく使わない理由がないくらい椅子が扱いやすくなる

意外とチェアマットを使っている方は少なく、フローリングであっても効果は抜群です。

迷ったらぜひ絨毯ではなく、チェアマットを使用すると良いでしょう。