梅雨の季節以外もカビが生えやすい?カビ対策は年中万全にして予防を!

カビは梅雨の時期が生えやすいイメージですよね、しかし意外と秋雨によるカビ被害が多い地域もあります。

また昨今の住宅は気密性が高くなり、快適な暮らしが年中保たれるようになりました。

できればカビ対策は季節じゃなく年中通して対策できるよう、準備しておいたほうが良いでしょう。

カビ対策は年中やったほうがいい?自分に合ったものを定期的に行おう

カビは知らぬ間に増えており、気付けばカビまみれになっていることもあります。

とくに不潔な印象もありますし、実際に身体への害は大きいです。できるだけ早めに対処したほうが良いでしょう。

カビを防ぐための考え方

カビは繁殖しやすい環境で常に増え続けます。具体的なカビが繁殖しやすい環境は、以下の3つです。

1.高湿度(60%~80%で活発化)

2.過ごしやすい気温(20~30度)

3.豊富な栄養(汚れや食べカスなど)

上記の環境を作らないように意識しながら、対策を行う必要があります。

しかし過ごしやすい気温に関してはどうしようもないので、高湿度と豊富な栄養状態に着目しましょう。

湿度を高くしない工夫

湿度は空気の循環がないところでたまりやすいです。一般的に「よどんだ空気」と表現される、少し鮮度の低い空気感ですね。

空気清浄機や除湿機・扇風機を使い、室内の空気を循環するようにしましょう。

また定期的な換気も有効で、定期的に外気を取り入れる工夫も行うと良いです。

部屋の中でも実は空気が滞留している部分があるため、湿気がたまらないように送風して空気を当てます。

カビにとっての栄養を除去

カビはなんでも栄養にしてしまうので、目に見えない垢やゴミをエサに繁殖します。

そのため汚れがある箇所は、「カビが発生しやすい場所」という認識で臨みましょう。

水回りもぬめりが発生しやすいですよね、カビにとっては格好のエサです。

また汚れをエサにするので、空気が通過するフィルター類もかなり繁殖しやすくなります。

定期的な掃除で汚れを取り、カビにとっての栄養を断ちましょう。

カビ予防グッズも効果的

カビ予防グッズは定期的に使用すると掃除の頻度を下げられ、手間も少なくなります。

活用できるものはぜひ活用しましょう。

部屋全体をまるごと防カビするなら、いちいちスプレーしなくてもよいタイプが便利です。

気になる箇所に直接対処をするなら、防カビスプレーが扱いやすく最適。

まとめ

カビを予防するなら繁殖しやすい条件を起こさない

こまめな換気と掃除が有効!

防カビグッズも活用してカビ対策の手間を減らす

 
つばき
カビって気づいたらポツポツ出てくるもんねぇ…ホント厄介。
 
さくら
まさに人のだらしないところにつけこむ感じよね。

カビは定期的な対策が有効ですが、終わりがないという意味では非常に厄介です。

しかし手間を減らすこともできますし、なにより健康への被害が大きめ。発生すると落ちにくいので、早めに対処しておきましょう。