気付けばベランダに人がいる…?しっかり防犯対策はしておくべき理由

新生活が始まったり、新たな引越し先で怖い思いをしたりする人は増えています。

今回、Twitterで見かけた漫画がとても気になったので、防犯対策について考えてみようと思いました。

もちろん自分が守るだけではなくて、子供が新社会人になって一人暮らしを始めるときは要注意です。

Twitterで話題の漫画で防犯対策の必要性を強く感じてしまう話

実際にTwitterで投稿されていたのは、本当にあった怖い話です。内容はツイートを貼り付けますので、ぜひ見てみてください。

いかがでしょうか。本当にあったらしい話なので、非常に怖いですよね。知らない人がベランダにいるとか、想像できません。

ある日いきなり狙われる可能性がある

今回の件だと、おそらく鍵は閉めていたのかな?でももし鍵を閉め忘れていたら…考えるだけでもゾッとします。

いくら気をつけていても、ある日いきなり狙われる可能性があるのは否めません。

何かあっても一人じゃかなり怖いですし、うっかり自分がミスをするだけで怖い思いをする原因にもなってしまいます。

近くに知人や友人がいれば良いかもしれませんが、遠方であればいざというときに駆けつけられないかもしれません。

本人だけではなく親御さんも防犯意識が必要

ある程度の社会経験がある人なら防犯への意識が養われやすいけど、新社会人なりたてや学生のうちはそこまで防犯意識がないことも多いです。

なのでもし友人や知人、親御さんも含めて防犯意識の大切さはしっかり伝えておいたほうが良いでしょう。

またいざというときに駆けつけられるように、緊急連絡先や動ける範囲でフォローできるような環境も重要です。

防犯対策グッズの活用も必要

防犯グッズはたくさんあるけど、一番コスパよく追い払える可能性が高いのは窓開放アラームです。

おおよそ2000円ほどで導入できて、窓の開放を検知して大音量のアラームが鳴る仕様です。

玄関の鍵は閉めていても、うっかり窓の鍵を閉め忘れることはよくあります。しかしこのセンサーを入れておけば、大音量のアラームが鳴るので確実にびっくりするでしょう。

おおよその犯行は物音を立てないように行われるので、不意な大音量に多くの犯人は逃げてしまうそうです。

またアラームもスイッチを下げなければ鳴り続けるため、確実に近所の人にも知らせられます。

まとめ

防犯対策はどんなときでも大切!

自分だけではなくまだ意識が伴わない子供にも備えさせるべき

防犯グッズを準備して万が一にも備えておくと良し

 
つばき
それにしてもこのTwitterの漫画、超怖いね…。しっかり気をつけておかないと、いつ何があるかわからないからね。
 
さくら
いくら防犯グッズがあるからといっても、怖い思いをしたらずっと心に残ってしまうこともあるから。そうならないように住む場所や環境を考えるのがいいよね。

防犯対策はあくまで防ぐことが目的なので、実際に怖い思いをしてしまうと心に傷を負ってしまいます。

そうならないようみんなで事前に配慮するのが一番良いでしょう。