水切りカゴのお手入れが面倒くさい…と思ったら水切りラックが意外といいかも?

水切りカゴってこまめに洗わないとすぐピンク色のカビが発生したり、汚くなったりしますよね。

あの作業がけっこう手間なんですけど、水切りラックを導入したらカビの心配がなくなって掃除の手間も減りました。

 
つばき
ということでメリットや特徴をご紹介しますので、気になる方はぜひどんなものか見ていってくださいね!

水切りラックってどんなもの?実際に使ったらどんなメリットがあるの?

水切りラックはシンクにそのままセットして、水切りをカゴじゃなくてシンクに行えるラックです。

このアイテムを導入するだけで、意外と快適な面が増えて便利ですよ。

お手入れがラクで使いやすい

水切りラックはまさにカゴをそのままシンクにセットしておくような形で、水切りがダイレクトにシンクへ行えます。

じゃあカゴをセットすればいいのでは?と思うのですが、実はカゴじゃないところがポイントです。

カゴだと洗いにくいし狭い箇所にスポンジが届かないこともありますよね。ラックなら丸めて幅の調節もできて、そのまま拭くだけでOK。

 
さくら
洗うのも平坦なので超かんたんです。お手入れがラクで扱いやすいんですよ。

使わないときは丸めてしまっておけるし、シンクが広く使えて非常に便利です。

食品衛生基準が満たされている安全な商品

アメリカ食品衛生基準に準拠している商品で、食材やベビー用品を乾かしてもOKです。

しかも表面はシリコンで出来ているのでそもそも汚れにくく、柔軟性があるので安心。

もちろん使い方によっては鍋おきやペットボトル・水筒を乾かすのにも、問題なく使用できます。

耐荷重と耐熱性の高さと保証で長く使える

なかなかいい商品だけど、壊れやすい商品だったら意味がないよね…って思っていたんですよね。

でもこの商品、耐荷重が15kgで耐熱性は250度もあります。なんなら食材を置いて湯通しするのも、鍋敷きなしで置くのも問題なくできちゃいますよね。

そしてメーカー保証が1年ついていて、ちゃんと日本のメーカーサポートがついているので安心できます。

意外とこういう製品ってサポートが行き届いていなくて不安が残るけど、商品の耐久性もあって万が一の場合も手厚いサポートがあるので大丈夫です。

まとめ

水切りラックを使うと手間が減って水回りの管理が楽になる

本体も耐久・耐熱性があって多くの場面で活躍できる

サポート体制も手厚いので安心して購入できる

 
つばき
ステンレス製のものを使ったことがあるけど、長く使うとサビちゃってちょっと汚いイメージができちゃうんだよね。食器も滑るし。
 
さくら
このラックはシリコンだし水切り良くて、カビとかサビの心配もなさそう。

とても使い勝手がよく、どんなシンクの形状にも合います。一人暮らしから大家族まで、活躍するのは間違いなしでしょう。