USB充電で火が作れる?非常時にも役立つプラズマライターの魅力とは

非喫煙者でも、ライターの出番って意外と多いですよね。

とはいえガスが切れたら使い物にならないし、火が風に弱いから少し不便を感じていることもあります。

そこで充電ができる「プラズマライター」のご紹介です。風にも強く、スマホを充電するようにエネルギーを充填できますよ。

USB充電ですぐにチャージ!プラズマライターって一体どんなもの?

最近ではUSB電源で充電ができるライターが増えてきました。ものによっては熱線を使うものもありますが、少し扱いづらいです。

しかしプラズマライターの場合は火柱を電極に発生させるため、非常に扱いやすい仕組みとなっています。

プラズマライターのラインナップを Amazonでチェック 楽天市場でチェック

プラズマライターの魅力とは

なんといっても充電するだけで火を起こせるというのが、非常に素晴らしいです。

個別にガスを充填しなくてもいいし、今では持っている方も多いモバイルバッテリーですべてまかなえます。

またオイルライターと違い、海外に持っていくことも可能です。完全な火を使っていないため、安全に配慮されているのも特徴。

非常時だけではなくアウトドアでも十分な威力を発揮し、風にも強いプラズマ着火なので応用の幅が広いです。

安価に購入できて高級感がある

紹介するTenfelの電子ライターは、およそ1500円ほどで購入が可能です。

しかしバッテリーや構造からある程度の重さがあり、つや消しブラックの本体色はとても高級感があります。

ブラックのほかにもシルバーがあり、同じく耐久性が高そうな作りで満足感も高いです。

プラズマライターの選び方

上記で紹介したTenfelの電子ライターは、アークが2本のダブルラインタイプです。もちろんシングルラインもあります。

もちろんダブルラインを選んだほうが着火の安定性も高く、強風にも耐えるほどです。できるかぎりこだわりがなければ、ダブルラインを選びましょう。

また基本的にはアークが横方向で狭いため、着火させるエリアが意外と狭いです。

Tenfelの場合はアークが着火エリアが広く作られており、非常に着火しやすい構造になっています。

着火のしやすさも配慮しながら、自分に合ったものを選んでください。

まとめ

プラズマライターはガスやオイルを使わずエコなライター

風にも強く着火の安定性は非常に高い

少し扱いにくさがあるので少しでも着火しやすいものを選ぶべき

最近では車中泊やアウトドアブームにより、電子ライターにも注目が集まっています。

ふつうのライターに不便を感じていた方は、ぜひ買い替えを検討してみましょう。

BeszingのLEDランタンが車中泊に最適?日常でも使えて非常に便利!

車中泊にも非常時にも使えるポータブル電源が大人気!なにが便利なの?