USB3.0ってゆっくり差し込むと2.0として認識されるの知ってた?

仕事でUSB機器を扱うことは多いけど、思ったような速度が出なかったりエラーが出たりしてやきもきしていたことがあります。

そんなときにふとUSB3.0の物理的な仕様で、ゆっくり差し込むと2.0の機器として認識されることを知りました。

 
つばき
USB機器なんて詳しい人じゃないとよくわかっていないけど、よくわからない不具合に悩まされるのも困ったものですよね。
 
さくら
まさか差す速度が変わるだけで仕様が変わるとか…都市伝説だと思ってた。

USB3.0は互換性を保つためにどうしても差し込み速度が遅いと認識が変わるらしい

実際にニュースで掲載されていて、バッファロー社にも問い合わせたようです。

仕組み上どうしようもないらしく、わかりやすいけど知っておかないと謎の不具合に悩まされることもあるかもしれません。

USB3.0とUSB2.0を認識させる仕組みらしい

仕組み上はかんたんで先端がUSB2.0、根元側がUSB3.0の仕様になっているからそういう不具合が起きるようです。

つまりゆっくり差し込まなくても、中途半端に差し込んでいればUSB2.0の認識になるという状態ですね。

だからUSB3.0のみの対応製品で、2.0を扱おうとする際にエラーが出る可能性はあります。

速度が思ったより出ない場合も、素早く差し込まないといけないとか意外に力技のようです。

仕組みがわかれば扱いはかんたん

この原理さえわかれば、例えばレビューの低評価で「絶対2.0の速度しか出ない!騙された!」という内容があっても気にせず済むかもしれません。

扱い方を間違えて2.0の認識になっている可能性がありますからね^^;

ほかにも仕事上でエラーが出る場合は、素早く差し込んで認識するかどうかをチェックできます。

意外と不思議な設定だけど、わかってしまえばこっちのものですね。

今はUSB機器がたくさんあるので要注意

USB2.0や3.0だったり、type-cやらマイクロやら規格が乱立していて少しややこしいです。

外部メモリとしてのUSBメモリもかなり低価格になって、扱いやすくなりましたしね。

かなり小型なものや、iPhoneでも使えるものが増えてきています。扱い方もよく考えなきゃいけません。

まとめ

USB機器は差し込む速度で認識が変わる

エラーが出るときは差し込み速度を変えたほうがいいかも

USB機器は増えてきており扱いも知っておいたほうが良い

なかなかこういうのって知らなかったら、そのまま苦労していることもあるかもしれないですよね。

ニュースや学んだことをこうして発信しつつ、自分で覚えておけるのは素晴らしいことです。また何かあればシェアしていこうと思います。