中田敦彦考案のカードゲーム「XENO(ゼノ)」の人気が急上昇中!

XENO(ゼノ)のルール

中田敦彦さんが考案したカードゲーム「XENO(ゼノ)は、合計枚数18枚で楽しむことができます。

1対1でも複数人でもプレイ可能ですが、1回のゲーム時間が短くて済むという特徴があります。

XENOに登場するカードの種類は以下の通りです。

  1. ①少年 2枚  「革命」1枚目は効果なしだが、2枚目の少年は皇帝と同じ効力を発揮する
  2. ②兵士 2枚  「捜査」指名したプレイヤーのカードを言い当てると、相手はその時点で脱落する
  3. ③占師 2枚  「透視」指名したプレイヤーのカードを見ることができる
  4. ④乙女 2枚  「守護」次のターンまで自分への効力を無効化できる
  5. ⑤死神 2枚  「疫病」指名したプレイヤーに山札から1枚引かせ、手札をシャッフルさせて見ないで1枚捨てさせる
  6. ⑥貴族 2枚  「対決」指名したプレイヤーとカードを見せ合い、数字の低いプレイヤーが脱落する(引き分けはどちらも脱落)
  7. ⑦賢者 2枚  「選択」自分の次の番でカードを3枚引き、その中から1枚を選ぶことができる(残りの2枚は山札に戻し、右隣のプレイヤーがシャッフルをする)
  8. ⑧精霊 2枚  「交換」指名したプレイヤーとカードを交換する
  9. ⑨皇帝 1枚  「公開処刑」指名したプレイヤーに山札から1枚引かせ、手札を公開させた後1枚捨てさせる
  10. ⑩英雄 1枚  「潜伏・転生」場に出すことができない。少年・死神・兵士のカードで捨てさせられると転生札を引いて復活する

「ゲームの流れ」

  1. ①各プレイヤーが1枚ずつカードを引く
  2. ②山から1枚引き、山札の横に「横向き」に置いておく
  3. ③じゃんけんなどで順番を決める
  4. ④最初の順番の人は山札から1枚引き、持っている2枚の手札から1枚選び場に出し効果を発動させる
  5. ⑤山札がなくなるか、他の人が脱落して残りが1人になった時点でゲーム終了
  6. ⑥山札がなくなった場合は、残っている人の持っている手札の数字が一番大きい人が勝利

XENO(ゼノ)の魅力

・カードのイラストがオシャレでカッコイイ

カードゲームというと、トランプを筆頭にシンプルなイラストの物がほとんどですが、このXENOはまるでタロットカードの上位互換のようなオシャレなイラストになっており、部屋に飾っておきたくなるほどです。
(イラストレーターとして有名なTAKUMIさんがキャラクターデザインを手掛けています)

・大人がやっても変なイメージを与えない

カードゲームと聞くと一般的に大人は若干敬遠しがちですが、イラストもカッコよく、知的なゲーム内容によって変なイメージを持たれることなく遊ぶことができます。

戦略的な要素と運の要素両方のバランスが良い

他のプレイヤーが持っているカードを予測したり、自分の手札をどのように使用するかなど、非常に戦略的な要素があると同時に、運の要素もしっかりとあるので、どんな人でも楽しめるメリットがあります。

中田敦彦がYouTubeで対戦した相手は知的なイメージを持つ人ばかり

YouTube

過去には中田敦彦のYouTube大学というYouTubeチャンネルにて、メンタリストのDaiGoさんやユーチューバーのヒカルさん、堀江貴文さん、QuizKnockの伊沢拓司さんと対戦しています。

実際にYouTubeで観てみると、どの対戦相手も非常に知的なイメージで、このオシャレなカードゲームにぴったりな配役となっています。

YouTubeの動画とは思えぬまるでTV番組のようなセットも、芸能界かYouTubeに参入した中田敦彦さんならではだと感じます。

トークの達人である中田敦彦さんがゲームを理解していない人でもわかるようにさりげなく説明しながらも、絶妙な間や相手の心理状態の推察などをしているこの動画は、非常に見ごたえがあります。

XENOの面白さにすでに気づいた人は、今後この「中田敦彦のYouTube大学」で誰とXENOで対戦するのか非常に楽しみなのではないでしょうか。

まとめ

中田敦彦さんが考案したXENO(ゼノ)は、1回のゲーム時間も短く、イラストデザインが綺麗でカッコよかったり、ゲーム内容も知的なイメージがあったりと大人でも楽しめるゲームとなっています。

また、中田敦彦さんのYouTubeチャンネルでもいろいろな有名人やユーチューバーと対戦しており、今後このカードゲームの人気が爆発する可能性はとても高いはずです。

気になる人はぜひチェックしてみましょう。