マジョルカにレンタル中の久保建英はレアル復帰?それとも再レンタルか?

3月2日に行われたスペイン1部第26節のマジョルカVSヘタフェ戦

今シーズンレアルマドリードからマジョルカにレンタル移籍中の日本代表久保建英は、前節に引き続き先発出場しました。

若干18歳という若さでありながらも、世界最高峰のリーガ・エスパニョーラで活躍する久保建英選手は、一歩一歩ワールドクラスに近づいています。

本来であれば、ようやく今月高校を卒業する年齢なので、その成長速度の高さは同世代と比べて圧倒的に飛び抜けているといえるでしょう。

今回はそんな日本サッカーの未来を明るく照らす「久保建英選手」について解説していきたいと思います。

久保建英選手の凄さ

日本人プレイヤーの中で圧倒的な人気と実力を誇る久保建英選手ですが、そのプレーの何が凄いのかを解説していきましょう。

一昔前の日本では、18歳でレアルマドリードと契約する日本人選手が現れるなんて想像もできなかったはずですが、その夢のような事が今、現実に起こっているのです。

そんな久保建英選手の最大の特徴といえば、「語学」「テクニック」「状況判断」という3つのキーワードが挙げられるでしょう。

語学

知っている人も多いかと思いますが、久保建英選手は子供のころ(2011年~2015年)FCバルセロナの下部組織ラ・マシアに所属していました。

数年間スペインの地で暮らしていたことで、スペイン語を完全にマスターしています。

欧州のサッカーチームへの移籍をする際に最大の壁となる「言語」の部分ですが、久保建英選手はこの最大の壁を移籍する前からクリアしているのはとても大きなポイントなのです。

テクニック

久保選手のテクニックは、世界ナンバーワンの選手であるメッシ選手に似ているとよく言われます。

左足のアウトサイドを頻繁に使いながら、細かなボールタッチで常に相手の重心の逆をつくドリブルや、エリア外からでも狙える強烈なミドルシュート、そして決定的なシーンを演出するセンスあふれるパスなど、かなりメッシ選手に似ているプレイヤーです。

Jリーグに所属して間もない時期には、未発達な身体のハンデからなかなか自慢のテクニックが通用しなかったのですが、18歳を迎えた辺りから急激に身体の強さも増し、そのテクニックが活かせるようになってきました。

今シーズン、レアルマドリードからマジョルカにレンタル移籍(いわゆる武者修行)しましたが、チーム内でもそのテクニックはナンバーワンと言っても過言ではないほどです。

状況判断

サッカーで重要なスキルで近年よく言われているのがこの「状況判断」です。

例えばどれだけ身体能力が高くても、どれだけテクニックがあったとしても、的確な状況判断が出来なければ展開の早い現代サッカーでは活躍することはできないのです。

「ボールを持っていないときにどう動けばよいのか?」「ボールを持った時にどの選択肢を選べば良いのか?」といった瞬時の状況判断が極めて重要です。

久保建英選手はそんな「状況判断能力」を極めて高いレベルで持ち合わせているのです。

試合中の久保選手を見ていると、頻繁に首を振って周囲の状況を確認しているのがわかります。

どこに味方選手がいて、どこに敵がいるのか。

どう動けばフリーでボールをもらえるか。

どこにドリブルすれば、どこにパスをすればチャンスが生まれるのか。

そんなあらゆる選択肢の中で最適な選択を90分通して選べる能力があるのです。

この能力は、元々久保選手が持っていた才能と、FCバルセロナの下部組織で培われたことによるものだと言われています。

そんな「語学」「テクニック」「状況判断」という大きなストロングポイントがあるからこそ、若干18歳という若さでも世界最高峰の舞台で活躍することができるのです。

マジョルカVSヘタフェ戦の結果

3月2日に行われたマジョルカVSヘタフェ戦では、先発フル出場

試合は惜しくも0-1で敗戦し、未だ降格圏内を脱出できずにいるマジョルカですが、劣勢の中でも久保はある程度の存在感を見せ、次節も引き続き先発出場できそうな流れといえそうです。

来シーズンはレアルでプレイするのか、それとも再レンタルか?

そんな確かな実力と伸びしろがある久保建英選手は、来シーズンどのチームでプレイするのでしょうか。

契約しているレアルマドリードのトップチームに戻るのか、はたまた再レンタルでどこかのチームで武者修行を続けるのか。

日本のサッカーファンだけではなく、欧州の舞台でもその行く末が注目されています。

ノルウェーの神童と呼ばれたウーデゴーが来シーズンレアルに復帰するのではという噂があることからも、同タイプの久保建英選手がレアルに復帰するのは可能性が低いのかなと思います。

現実的に噂されているのは、そのウーデゴーが今シーズンレンタル移籍していたレアル・ソシエダに久保選手がレンタルで加入するのではないかというもの。

現在レンタル移籍中のマジョルカと比べると、しっかりと中盤で組み立てのできるチームなだけに、もしもレアル・ソシエダにレンタル移籍することができればかなりの活躍ができるのではないかと予想されます。

まとめ

「語学」「テクニック」「状況判断」というストロングポイントを持っている久保建英選手は、残り少ない今シーズンでどこまでゴールやアシスト数を伸ばしていくのでしょうか?

そして来シーズンはどこのチームのユニフォームを着てプレイするのでしょうか。

今後も久保建英選手から目が離せませんね。