なぜネットリンチはなくならない?標的を精神的に追い詰め自殺に追いやるその危険性

人気番組の「テラスハウス」出演中の木村花さんが5月23日に自殺によって亡くなり、その原因がTwitterやInstagramなどのSNSによるネットリンチの可能性が高いという事で大きな話題となっている。

芸能人や著名人に対するSNSでの誹謗中傷は、以前から問題視されていたが、人格を否定するコメントが溢れ返っている現状と、自殺者が出たという状況により、国としても個人としても何かしらの対策をする必要性が出てきている。

そもそも、なぜ人は芸能人や著名人、そして身近な人たちに誹謗中傷するのだろうか?

この記事では、そんな「SNSなどによるネットリンチの原因とその危険性」について解説していきたいと思います。

ネットリンチが起こる原因

芸能人や著名人などの有名人たちが少しでも変わった発言や行動をしただけで、TwitterやInstagramなどのSNSでネットリンチをしてしまうのはなぜなのか?

1人の人間の人格を多人数でSNSにおいて否定したり、けなしたりすることで、なぜか盛り上がってしまうのは、「自分たちの意見は正しくて、対象の人に対していけないことを教えてあげる」ような感覚になってしまうからです。

特に、普段大勢の人間から賞賛されていたり、憧れの存在として多くのファンがいる有名人に対しては、ある種の「羨ましさ」が誹謗中傷の引き金になってしまうとも言えます。

あんなに人気者だったのに、炎上して「ざまあみろ!」というような卑屈な心がネットリンチというものを引き起こしてしまうのです。

絶対に敵わないと思っていた存在が、自分よりも大変な環境に落ちていくその姿を見ている間は、優越感に浸れるのです。

有名人は、「画面の向こうの人」という非現実的な存在であるというのも、気軽に誹謗中傷ができてしまう原因といえます。

誰もが幼稚園や小学校低学年の頃に教わる「人を傷つけてはいけません」という「人として当たり前のこと」が、ネット上では罪の意識なく多くの人が出来てしまうというのが現実なのです。

「テラスハウス」出演中だった木村花さんもネットリンチによって自殺

5月23日の未明、女子プロレスラーで人気番組「テラスハウス」に出演していた木村花さんが自殺により亡くなったことが発表されました。

元々はテラスハウスの人気メンバーであったが、男性出演者が木村花さんのプロレス衣装を洗濯して縮めてしまった「コスチューム事件」がきっかけとなり、SNSなどで木村花さんへの誹謗中傷が相次いでいました。

木村花さんは亡くなる直前、Instagramで「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね。」という文章と愛猫との写真を公開しており、思いつめた末の選択であったことが伺えます。

多くの誹謗中傷が彼女に向けて発せられたわけですが、おそらく実際に誹謗中傷をした人たちの多くは、自分が加害者であるという認識はほとんどないというのが、このネットリンチの怖いところなのです。

法的な抑止力が必要な時代

それでは、こういったSNSなどでの誹謗中傷を抑止するような方法はないのでしょうか?

今回の木村花さんのネットリンチが原因の自殺によって、法規制が必要ではないかという議論が浮上しています。

TwitterやInstagramなどのSNSのプラットフォーマーに一定の責任を課す方法などの他にも、誹謗中傷した本人への罰則を設けるなどの法整備が必要という内容です。

おそらく、それほど遠くない未来に、国会において取り上げられる可能性は極めて高いのではないでしょうか。

まとめ

何年も前から問題視されていたSNSなどでの「ネットリンチ」ですが、木村花さんの死がきっかけとなり法整備される可能性が高まりました。

もう少し早くそういったSNSの誹謗中傷に対する法整備がされていれば、木村花さんは亡くならなかったはずです。

一刻も早く法整備が実現することを期待するのはもちろんですが、、日本人一人一人がSNSでの誹謗中傷はいけないことという認識を強く持つべきではないでしょうか。