VRはこの先の未来でどう変化していく?人々の暮らしを画期的に変える可能性!

VR(Virtual Reality)というと、ここ最近の技術のようなイメージがありますが、実は約30年も前からVRは存在しているのです。

ここ数年で様々なジャンルのVR動画が公開されており、VRを見るゴーグルなどの機器の進化も進んでいるので、VRの市場は急速に大きくなっていくでしょう。

しかし、ここで一つ疑問に感じるのは、VRが進化し急速に広まっていくことで世界はや暮らしはどのように変わっていくのか?ということ。

一つの娯楽のツールとして使われていくだけじゃないの?と思っているのならば大きな間違いです。

VRが進化していくことで、社会へ大きな影響を与えるようになるのです。

この記事では、そんなVRで未来はどう変わっていくのか?」という疑問について解説していきたいと思います。

VRの凄さ

VRはVirtual Realityという名前の通り仮想現実の世界を体験できるシステムです。

百聞は一見に如かずで、実際にVRを観てみるとその凄さがすぐにわかることでしょう。

まるで実際にその場にいるような感覚を体験できたり、目の前に実際に人が立っていたり、その人と会話をしているような感覚を体験することができます。

当たり前ですが、VRゴーグルを装着している状態で右を向けばVRの世界でも右を向くことができますし、左も後ろも同様です。

一般的なゲームや映像とは違い、仮想現実の世界を身体ごと入り込めるVRでは、思わず叫んだり、身をひねったり飛んだりしてしまうほどの興奮を味わうことができるのです。

VRを体験する機器もかなり進化してきていて、1,000円ほどで作れる段ボール製ゴーグルや3,000円~1万円程度のVRゴーグル、数万円から10万円以上する正確なヘッドセットトラッキングやリアルなグラフィック、操作性の高いコントローラーを備えたVR機器までラインナップもかなり豊富になってきています。

VRを活用しているジャンルや業種

VRで現在楽しむことができるのは、主にバーチャルゲームやアーティストのライブ動画、エクササイズなどのヘルスケア動画、ジェットコースターなどのアトラクション系動画、ホラー系の動画などです。

また、スポーツの分野でも実際にVRを活用したトレーニングがすでに行われていて、今後は身体のトレーニングだけではなく戦術理解などにも応用されていくことでしょう。

建築や、不動産業界でも、実際に施工予定の建物をVRで事前に確認するために利用されたり、不動産物件をVRで内覧することができるなどの利点からVRの導入が進んでいます。

また、今後は更に医療分野でもVR化が進む予定で、臓器などをよりリアルに直感的に感じることで、外科医や産婦人科医の技術向上に繋がっていくはずです。

これからの世界はVRだけではない

これまでVR(virtual Reality)について解説してきましたが、実はそんなVRだけではなく、他の技術も格段に進歩しているのです。

例えば、AR(拡張現実)MR(複合現実)SR(代替現実)という技術です。

少し専門的な知識になってしまうのですが、ARはCGなどで作成したデジタル情報を現実世界に加える技術。

VRが仮想現実に入り込む技術であるのに対して、ARは現実世界に仮想世界を反映していくという事なのです。

さらに、MRはスマホのゲームアプリなどで、現実の世界に仮想現実のキャラクターを映し、現実世界にキャラクターが存在しているかのように見せる技術のことです。

そしてSRはかなり新しい技術で、まだまだ実験段階ではあるのですが、いわゆる錯覚技術です。

例えば現実世界に過去の映像などを映すことで、過去の世界に入り込んだような錯覚を与えることができるというものです。

まとめ

すでに多くのジャンルや業種で活用され始めているVR(Virtual Reality)ですが、今後更に急速に進化していき、我々の生活や娯楽に影響を及ぼしていくことでしょう。

さらに、VRだけではなく、ARやMR、SRという新たな技術の進化についても、今後の技術の進歩が期待されています。

VR ゴーグル&関連品を

“AmazonでVR用 ゴーグルをチェックする”

“楽天市場でVR用 ゴーグルをチェックする”

“Yahoo!ショッピングでVR用 ゴーグルをチェック”


まだVRを体験したことがないという人は、ぜひこの機会にゴーグルを購入して体験してみてはいかがでしょうか?